エッセイ「どこかで見た風景」 - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

エッセイ「どこかで見た風景」

          a0023_000075.jpg
   この毛蟹は文章中に出てくる種類の毛蟹ではありません。(フリーフォト写真素材ーhttp://www.ashinari.com/から転載)

                どっかで見た風景

 居酒屋でのこと。結構飲んでボルテージが上がった先輩が、俺にこんな話をした。

「子どもの頃は本当に楽しかったなァ。うなぎやなまずをな、頭打ちにし、背を開き、たれをつけながら焼いて食べるとこれがうまいんや。毛蟹もよくとった。大体、毛蟹が住んでいる穴がどこかは知れていてな。そこに手を突っ込んで毛蟹を脅す。そうすると毛蟹が怒って指に噛みついてくる。それは痛い。けど、それをこらえながら30分から1時間ぐらいかけて毛蟹とやりとりしてな。

 そして最後はそいつをつかまえて取り出すんや。ザリガニもよくとった。ちょうど今頃や。雨が降った後のレンゲ畑にいくとな、それはレンゲが一面に映えてきれいやったが、ザリガニがあちこちに出てくるんや。それをな、その頃は鉄の火ばしなんかなかったから、竹をな、こう折り曲げてそして曲げ際を火であぶって竹ひばしにし、それでザリガニをひょいとつかんで籠に入れるんや。
 
 そいつを瓶の中にとんがらしと一緒に詰め、浸して親父が酒の当てにしてた。あの頃はあんなもん、どこがうまいんやろて思てたけど、ちょっとタイムマシンにでも乗って昔に帰り、食べてみたい気もするな。なんとも懐かしい」    
 
 いい話やなあと俺は聞き入った。何か遠い昔の情景の中にこの身が浸るようやないか。けど、まだ半世紀前には日本中のいたるところにそのような光景があったんや。俺達はひょっとすると大事な何かを失いかけてるんやないかと、不安とも悲しみともつかへん感情が一瞬脳裏をよぎった。続けて先輩は言うた。  

「山芋は難しいんや。秋口に蔓に印をつけておく。正月前になると、つけておいた印のその地面を4方から丁寧に掘り起こす。山芋を傷つけないよう、折らないようにな。1メートルくらい堀り進み、回りの土を払って取り上げて、こう、藁ずとにくるんで縛り、背にかけてもって帰るんや」
 
 そうそう、そういえば正月前には、俺の親父もよう雪をかき分けて山芋を堀りにいったもんや。
 親父はその山芋を丹念に冷水で洗い、擦り鉢で熱心に擦ったもんやった。俺はといえば、細切りにした宇和島のじゃこ天の入った出し汁を、親父のもつ擦りこぎの手元に注ぎ込みながら、その所作をあくなく見守るんや。

 そして擦り上がった山芋汁をあたたかいごはんの上にたっぷりかけて食べるおいしさ。食後の口のまわりにできるかゆみをかまわず、かぶりついたもんやった。 
              自然薯の写真縮小
   この写真と文章には直接の関係はありません。無料転載可能写真集から
 
 酔いの回った先輩との話は尽きない。酔いどれ男の思い出話である。
関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。