糠漬け日記(その19) - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

糠漬け日記(その19)

      浪花かっぱっぱおじさんの糠漬け日記(その19)

 あーぁ、はじめての糠床が腐ってしもた。糠床が1日もたたん間に表面に白いカビができるんで、これはやばいなぁと思ってたんやが、案の定、2日間、混ぜ返さんとほっといたら腐ってた。糠漬けを初めて約1カ月。あらためて1からやり直しや。

 ほんで、今日、糠を買ってきた。
 
 1回目はスーパーでもう既に糠床として仕上がってるんを買ったけど、今回は糠そのものを買ってきた。これで1から糠床を作ってみるつもりや。買ってきた糠はこれ。

    96糠

 ウィキペディアの「糠漬け」の項を参照すると糠床の作り方が書いてある。
  

まず糠床を作る。適量の糠(炒ってから使う場合もある)に一度煮沸してから冷した15%濃度の食塩水を加える。水の量は糠床が味噌よりもやや固めになるぐらいである。唐辛子、昆布とともに壺やタッパー等に詰め、表面を平らにならして糠床の準備ができる。これに野菜くずを1週間ほど毎日取りかえて漬けると野菜についていた乳酸菌等が繁殖し、一応、完成である。しかし、この段階では糠床は熟成していないため、漬物の風味は少ない。野菜を漬けこみ毎日手入れすることで発酵がすすみ、風味が増していくのである。夏場なら2ヶ月、冬場なら4ヶ月ほどでおいしい糠床が完成する。


 15%の塩水ってどのくらいの濃度やろ? 調べたらわかるけどじゃんくさいから、海水よりちょっと濃い目の塩水を煮沸して冷ました。

 今回は出汁昆布といりこを入れて、冷ました塩水を足しながら、糠を味噌よりもやや固めになるぐらいに練った。

      96だしこぶいりこ

 練ってみると、結構、塩水がいる。最後の方は塩水が足りなくなったんで、嫁はんが飲み残してたビールを入れた。そしたらちょうどいい硬さに仕上がった。

 ほんで、そこに冷蔵庫の野菜室の隅っこにしなしなになってたにんじんを入れることにした。そのにんじんがこれや。

     96糠床と

 にんじんを糠の中の方にぐっと押しこんで、さあ、糠床の出来上がり。

    96糠床完成

 今度は糠床を腐らさんように頑張るで。

 
関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。