断酒日記再び(4/15) - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

断酒日記再び(4/15)

            断酒日記再び(4/15)

 10数年前に死んだ父もアルコール依存症なのだった。
 
 母と姉がこのままではアル中で死んでしまうと、十全会というアルコール中毒症専門の病院に入院させようと話し合い始めたとき、父は何かを悟り、50歳を前にして断酒会に入ったのだった。
 
 それから死ぬまで、父は1滴のアルコールも口にしなかったのだった。
 
 その父の思い出。

 

 私が小学生低学年の頃のことだった。
 
 昼日中、私が庭で一人あそんでいるときのことなのだった。
 
 父は縁側に座ってポロポロ泣いているのだった。
 
 私は、最初、なぜ父が泣いているのか、皆目、わからないのだった。

  一人遊びをしながら、父を見ると、私を凝視しながら、相変わらず泣き続けているのだった。
 
 それは、泣き上戸の父が、昼日中から焼酎を飲んで泣いているにすぎなかったのだが、そのことを知らない私は、そのうち、父が日頃の私の行いを何もいわずに涙でいさめているような気分になってくるのだった。
 
 そして、遂には、私もその父の姿に耐えられず「とおちゃん、堪忍してや。きっと、もう悪いことはせえへんから」そう何度も繰り返し謝りながら、一緒に泣きじゃくり始めるのだった。
 
 また、ある日。
 
 父は、いつものように、村の中心部に1件だけほそぼそと営業している居酒屋で飲んでいるに違いない日のことだった。

 その居酒屋は、私の家からは見えようはずもなかったのだが、私は家の裏の土手道に立ち、その店の方角に目をやりながら、ひたすら父の帰りを待つのだった。

 帰ってきたら帰ってきたで、また、母との間で際限のない諍いが繰り返され、その姿を悲しく見つめながら、心を寒々とさせるだけのことだったが、それでも私はそうして父の帰りをいつまでも待っているのだった。

 それは悲しい思い出なのだった。

 父もアルコール依存症から立ち直ったのである。私にもできないはずはない。今日から酒をやめよう。

 私は、もう、数え切れないほどの断酒の誓いを、またもや繰り返すのだった。



 電子出版プラットフォーム「パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。300円です。よかったら買って読んでね。


 
ブログランキングにも参加しています。よかったらポチっとお願いします。
関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-05-11 18:01 from -

コメントのお礼

コメント、ありがとうございます。
うーん、やっぱりそうですか。
中原中也に、勤め人がビルから仕事が終わって出てくる風景を読んだ詩があります。
詳しくは忘れましたが、その詩は、ビルから人がたくさんたくさん出てくる情景を、なんどもなんども「出てくるわ、出てくるわ」と繰り返して表現しています。
その詩を読んでいると、本当にビルから人々がぞろぞろと出てくるところがイメージされておもしろいなあと思ったのです。言葉のもつリフレイン効果ですね。
で、私も、それを真似て、同じ表現をリフレインすることで、散文の中に詩的効果を与えられないかと考えたのでした。
けど、やっぱりこれは難しいですね。
ちと、失敗かな。元の文体に戻すことにします。
大阪弁でしゃべるのも、実はチトしんどい部分があるので、これからは標準語基調でいきます。
ご指摘に感謝。
断酒の件は、今、元の黙阿弥状態なので、恥ずかしくて何も書けません。
情けのないことです。
piazzolla@さんには、また、是非、当ブログに遊びにきてください。
コメント、ありがとうございました。

2012-05-12 16:29 from 浪花太郎 | Edit

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。