母のこと⑦ - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

母のこと⑦

            母のこと⑦

 母は散らし寿司もよく作ったのだった。
 
 それがまたうまかったのだった。
 
 特に私の好きだったのは、田舎では「菜めし」と呼んでいた散らし寿司なのだった。
 
 芝えびの殻をむいてその殻でだしをとり、えびを甘辛く煮るのだった。
 
 大根葉を鮮やかな緑色に茹で上げて細かく刻むのだった。
 
 炊き上げたばかりのごはんを釜から寿司桶に移し、寿司酢をかけながら切るように混ぜて、酢飯を作るのだった。

 その酢飯に甘辛く炊いた芝えびと大根葉を混ぜ込むのだった。

 たったそれだけのシンプルな散らし寿司だったが、それがまたうまいのだった。

 食べ物の思い出といえば、父の作る自然薯汁も最高にうまかったのだった。

 父は秋口に裏山に上り、山芋のつるの根っこに1メートルほどの竹串を刺しておくのだった。

 そして冬も更け、雪がちらつく季節になると、竹串を目当てに雪をかき分け、地中深くにくねくね伸びた自然薯を、傷つけないように丁寧に掘り返すのだった。

 持ち帰った自然薯を流水で丁寧に洗い、母の作っただし汁を少しづつ足しながら、囲炉裏端で時間をかけてすり鉢でするのだった。

 私は、すり上がるのが今か今かと、一心に父の手元を覗き込んでいるのだった。

 そこには、宇和島名物のじゃこ天も刻まれていれてあるのだった。

 その自然薯汁を熱々のご飯にかけて食べる喜び。

 私は口の回りがかゆくなるのも構わず、何杯も何杯もむしゃぶり食うのだった。

 それは、新しい年を迎えようとする前の、晩冬の心温まる、いかにも懐かしい光景なのだった。


関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。