断酒日記再び(11/30  妻と私の断酒①) - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

断酒日記再び(11/30  妻と私の断酒①)

■ カレーうどん

 もう、これくらいにしておこうと思いながら、ついついカレーの話の続きです。

 なぜ、日本でここまでカレーがポピュラーになったのでしょう。それはつくり方が簡単なこととバリエーションの広さにあると思います。

 それでは、なぜそこまでバリエーションが広いのか。それは、カレーはどんな食材でも自らの中に取り込んで、うまみに変えてしまうことができるからだと思います。

 大根だって生姜だってキーウイだって、なんだってカレーの中で煮込めば、カレーになじんで同化します。カレーは懐が深いのです。


daikon.png

 その意見はどうかしてる。それってどうかな? なんていわないの。信じるものは救われます。

 カレーの発祥は、皆さんご存知のとおりインドですが、日本独特の進化を遂げたものに、カレーうどんがあります。

 残ったカレーに、出し、油揚げ、豚バラ肉、その他冷蔵庫にある野菜を適当に足してグツグツ煮込み、カレー粉を足して片栗粉で軽くとろみをつけ、最後に斜め切りしたねぎを散らします。

 ああ、考えただけでたまりませんなあ。


■ 豊橋カレーうどん

 B級グルメによる地域おこしがブームのときに、100年以上のうどんの歴史を誇る、豊橋市の観光コンベンション協会が開発したカレーうどんが大好評を博しました。
 
 つくり方5か条が定められています(→掲載ページ

◇ うどん麺は自家製麺とする。
◇ 器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る。
◇ 日本一位の生産量を誇る「豊橋産のうずら卵」を具に使用する。
◇ 福神漬または壺漬けを添える。
◇ 愛情を持って作る。

 
 まあ、器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛ることと愛情をもって作ること以外は、どんなバリエーションもありです。

 どうですか。一度作ってみたいもんですねえ。

■ ごま焼酎「紅乙女」

 昨日、仕事を終え、夕闇の中に灯りはじめた居酒屋の赤提灯と、木枯らしの予感を秘めた晩秋の微風に揺れる暖簾を横目に見ながら、逃げるようにチャリンコを漕いで家に着くと、妻はお風呂。

 娘の由美子が、「お母さんが、これが今日のメニューっていってたよ」とメモを差し出してきました。

 見てみると、こうあります。

 「フランクフルトはボイルして。シャケのあらは全部焼いてね。ほうれん草と小松菜はおひたしに。あと1品。何か野菜料理を。以上」

 まず、ほうれん草と小松菜のおひたしを作り、次にシャケを焼いて、最後にフランクフルトをボイルし、もやしと揚げさんを軽く炒めて用意ができあがった頃に、妻がお風呂からでてきました。

 「ちょっと、お願いがあるねん。断酒中のあんたには悪いけど、ごま焼酎の紅乙女を業務用スーパーで買ってきてくれへん。1升瓶が2100円やってんけど、重いから買ってこれなんでん。ごま焼酎は体にいいんやて。ちょっと飲んでみたい

そりゃ、酷やなあ)そう思いますが、口答えはできません。まあ、これも試練というものです。

 業務用スーパーにいけば、アルコール飲料コーナーのみんなが、私においでおいでをするので、できるだけ近寄らないようにしていましたが致し方ありません。 恐る恐る飲料コーナーに近寄り、なるべく他は見ないようにして、紅乙女の1升瓶を買いました。

 家に持ち帰ると、既に皆の夕食は始まっていて、妻が私にこういいました。

ついでにお願い。紅乙女のお湯割りつくって。焼酎はコップに1/4ほどね。あんたも1杯どう?

 これも試練、試練。紅乙女なんかクソくらえ! 私は我慢の子です。「俺はいい」無愛想にそう答えました。

 断酒23日達成。たかが23日、されど23日。1日断酒あるのみ。


■ 妻と私の断酒

 上に書いた私の昨日の出来事と妻の対応を読まれた方の中には、私と妻との関係について、「何かおかしいなあ。太郎さんも奥さんに対して、俺は断酒してるから酒には近づきたくない。焼酎が欲しいのなら自分で買いにいってほしいぐらいなことは言えばいいのに。それに奥さんも、太郎さんが断酒してるのを知ってるのだから、自分が飲むための焼酎を太郎さんに買ってきてなんて頼むのはやりすぎなんじゃないの」などと感じておられる方もおられることでしょう。

 それは確かにそうです。私もそう思います。けれども現実はそう簡単にはいきません。妻との間にはこれまでに積み重ねてきた長い歴史があり、そして今があるのです。
 
 妻と私の断酒のあり様については、今日はこの辺にします。続きはまた明日。

■ アルコール健康障害対策基本法について(その①)

 新聞記事によると、アルコール依存症患者とその家族の支援を目指した「アルコール健康障害対策基本法案」の国会提出が、衆議院の解散で先送りになったそうです(→掲載ページ)。

 私はこの話を、情けのないことに、「断酒ブログ」(→掲載ページ)を読んで初めて知りました。そこで、今回は「福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例」(→掲載ページ)に引き続いて、この法案について何回かに分けて考えてみたいと思います。

◇ アメリカのヒューズ法

 日本でもこれまでにも、アルコール関連問題(依存症を軸とした、飲酒による事故、負傷、疾病、欠勤、休職、免職、家庭不和、離婚、子どもの問題行動などを総合した概念-「アメリカ及びスウェーデンのアルコール政策」中本新一-→掲載ページ)について、アメリカのヒューズ法のような基本法を作る動きがありました。

 アメリカでは、1920年に酒害をなくすことを目的に禁酒法が制定されましたが、これは皆さんご存知のとおり、結局、あのアルカポネなどのギャングが暗躍するアンダーグラウンドな世界をはびこらせることになって失敗に終わります。

 禁酒法終結後、その反省から、国民に飲酒と自己決定の自由を保障しつつ、社会的観点からアルコールの弊害をなくそうという「アルコール・コントロール」という概念が生み出され、これにAA運動(アルコホーリクス・アノニマス)(→掲載ページ)が連動して、1970年に「アルコール乱用及びアルコール依存症の予防・治療・リハビリテーションに関する総合法」が制定されました。

 この法律は、自らのアルコール依存をAAで回復させたハロルド・E・ヒューズ上院議員の熱意で実ったものであることから、通称「ヒューズ法」と呼ばれています。

 ヒューズ法は500か条という膨大な条文からなっていますが、その内容の骨子は次のようです。

1 法の目的を実現するために補助金を出す
2 専門職を養成する
3 州政府、病院がAAと連携する
4 国民にアルコール依存症に関する知識を与え、治療を保障する


 日本でも、このヒューズ法にならって、アルコール関連問題に関する基本法の制定に向けた動きはあったのですが、実現には至りませんでした。(その②に続く)


■ 今日の弁当

◇ ひじきばら寿司

241130500弁当

 ひじきをお湯で戻して、冷蔵庫に残っていたこんにゃくを細かく切って、一緒に甘辛く炊きました。卵は平たく焼いて、こんにゃくとおんなじぐらいに切り、昨夜の塩じゃけのアラの残りをほぐしました。これらの具を酢飯に混ぜ合わせてできあがり。

◇ 塩じゃけのアラ焼き、ウィンナー、きゅうりとわかめの酢の物、こんにゃくとたまねぎのキンピラ
241130おかず

 塩ジャケのアラは焼いただけ。ウィンナーも炒めただけ。きゅうりは小口切りにして塩で揉み、わかめは水で戻してしっかり水気を切って、甘酢で和えました。こんにゃくとたまねぎは、細切りにして酒、醤油で炒め、白ゴマを振ってキンピラに。



aki.jpg



 電子出版プラットフォーム「
パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。300円です。よかったら買って読んでね。


 
ブログランキングにも参加しています。よかったらポチっとお願いします。


関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

これは私の推測です。と前置きをさせて下さいね。

奥様は太郎さんが断酒をされていることで、ご自身の飲酒が後ろめたくなっているのではないでしょうか?
何とか、一緒に飲むことでご自身の飲酒を正当化したい。

一緒に飲んでいた家族が一切口にしなくなった時、アルコール依存症者は自分の飲酒が後ろめたくて、正当化するために誘うというのを聞いたことがあります。
太郎さんのお宅がこれに当てはまるかどうかはわかりませんが
夫とここまでこじれる前
「今日は飲まない」
と決めて、いざ食事を始めると
「そんなん言わんと飲もうや」
としきりに誘われていた時期があります。
これに似ているなぁ・・・って感じました。
つまり、太郎さんの断酒が奥様の飲酒に影響が出始めたということなのではないでしょうか。
どうか、難しいことだと思いますが、踏ん張って下さいね。
応援しています。

2012-11-30 22:36 from ぽんた

こんにちは~。

奥様とのやりとりについて、「頼まれたことはグチグチ言わずに引き受けている」太郎さん、素敵だと思います。
奥様の飲酒に対して、批判も口出しせず、相手は相手、自分は自分ってきちんと境界線をひいてらっしゃるところも。

ところでひじきのばら寿司おいしそう!
私も今度やってみます。

2012-12-01 14:28 from なーちゃん | Edit

私が断酒していることで、妻の酒量が確実に落ちてきていると感じます。
これって、きっといい傾向ですよね。
問題は私の心持にあります。
人の長所、美質と短所、悪質(美質の反対用語がい思いつかないので、悪質と書きました)は裏返しです。
人は物事を忘れるという長所、美質によって、なんとかあれこれ思い煩うことも少なく生きていけます(人がみんな「相棒」の杉下右京のようになんでもいつまでも記憶しているとしたら、それはきっとしんどいに違いない)が、反面、物事を忘れることはときに大きな短所ともなります。
断酒に関していえば、ようやく体の調子もよくなってきて、
あの飲酒時のしんどさ、辛さが薄れつつあります。忘れ始めているのです。
辛い記憶が薄れる中で、ひょっとして、ちょっと飲んでも、またすぐに断酒できるのでは。大丈夫、俺は大丈夫と、本気で考えている自分がどこかに確かにいます。
記憶を薄れさせてはいけない、そう思います。
そのためにも、断酒会につながっていなければいけないなと感じます。
妻からのアルコールの誘惑に負けないためにも。

2012-12-02 09:16 from 浪花太郎

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。