アルコール依存な人たち(クラブホステスナンバーワン) - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

アルコール依存な人たち(クラブホステスナンバーワン)

■ 断酒38日

 今日は12月16日(日曜日)、断酒39日目。
 
 昨日で断酒38日達成。たかが38日、されど38日。1日断酒あるのみ。

 皆さんの断酒ブログをサーフィンしていると、肩肘を張らないで軽やかに断酒を継続されている人が、特に女性陣の中に多いようだ。
 
 本当は苦しいのだろうが、それを表に出さないってことも時には大切だね。

 私は根が暴露型で、性格的には陰湿、暗鬱、悲観、悲愴、姑息なので、まだ、しばらくの間はこのスタイルでブログを書こうと思う。

 思いっきり肩肘張って、悲壮感を漂わせて、断酒、頑張るべえ。

■ クラブホステスナンバーワン

 X社長(X社長のことがわからない人は、次の記事を読んでね→掲載ページ) は、愛人Yさんと京橋のマンションに住んでいた。

 私たち滞納処理班の強制執行担当者3人は、行政区域内を地区割にしていて、それぞれの担当地区内の強制執行時にX社長に同行した。
 
 住宅の強制執行が終われば、現場近くの飲食店でX社長と遅い朝食代わりに焼肉を当てに酒を飲み、それが終れば京橋にでて、さらにどこそこの飲食店で酒を飲み、最後はスナックPに流れるのだった。

 そこには必ずX社長の愛人Yさんがいた。X社長は本妻さんとは別居し、本妻さんは寝屋川のマンションに住んでいて、X社長は京橋のマンションにYさんと一緒に住んでいたのである。
 
 Yさんは単なる愛人ではなかった。Y社長の仕事についても秘書役をこなしていて、裁判所への提出書類の調整などを一手に引き受けていた。X社長の影のような存在だったのである。

 私たちはYさんのことを奥さんと呼び親しんでいた。
 
 Yさんの体重は何キロあっただろう。聞いたことはないが100キロ近かったかも知れない。ブヨブヨに肥えていたが、笑顔の優しい人で、いつも痴呆のようにニコニコしていた。
 
 片足がちょっと不自由で、その不自由な足に100キロ近くの巨体を乗せて、体を引きづるようにしながらのしのし歩くのだった。

 しかし、Yさんはもとからこんな体だったのではない。その当時の体躯からは想像もできなかったが、Yさんは京橋の有名なクラブで、何度かナンバーワンを張ったこともあるホステスだったのである。

 やや失礼を省みずいえば、野村克也さんの奥さん野村沙知代みたいなものである。彼女ももともとはクラブかどこかの美人ホステスだったらしいが、テレビにしゃしゃり出始めた当時から、昔の姿は見る影もなく、いかにも因業そうなおばさんでしかなかった。

 こう書くとやはり失礼だ。誰に対して? もちろんYさんに対してである。

 Yさんにはナンバーワンだった当時の美貌の面影をどこにも見出すことはできなかったが、優しい心根をもった温かみのある方だった。野村沙知代のような目立ちたがり屋の虚飾に満ちた因業な女ではない。

■ Yさんの自殺未遂

 そのYさんがそんな体型になったのには訳があった。自殺を図ったのである。

 X社長に見初められ愛人になってから、Yさんは一途にX社長に尽くしたが、それが本妻さんの知るところとなった。

 それから、ご他聞に漏れず、X社長を間に挟んで、死ぬの殺すの別れるのといった痴話げんかが始まった。

 もともとホステス時代からアルコールの好きだったYさんは、X社長とYさんに挟まれて悩みに悩み、どんどんアルコールに耽溺して、遂には風呂場で手首を切って自殺を図ったのだった。

 もちろん、そうなった原因はX社長の下半身にあり、1番性悪なのはX社長に違いないが、こういう3角関係に勝者はいないし、誰が正しく誰が間違っているというのではない。

 Yさんは自殺し損なったが、後遺症が残った。やや精神に異常をきたしたのだ。

 治療の結果、一定の改善をみたものの、自殺未遂後の過食症傾向は治癒せず、そのためにどんどん体重を増やし、精神的な反応も鈍重となっていったのだった。

 しかし、心根の素直な優しい人で、私たち滞納整理の担当者は、Yさんのことを、奥さん、奥さんと呼び慣れ親しんだのだった。

 Yさんは、X社長との間のことを「あんな男と知り合ったのが一生の不覚だった」と私たちにこぼしていて、よくけんかもされていたが、「おまえ、あんた」と呼びあうその声は、お互いをお互いの命と呼び合っているように、私には聞こえたものだった。愛し合っていたのである。

■ X社長の葬式

 X社長の葬式にYさんはこなかった。喪主を「親父みたいにだけはなりたくない」と公言していた、教師でクリスチャンだった長男が務め、本妻さんもその葬式に出ていたから、Yさんは参列を遠慮されたのである。
 そうである。Yさんは、最後まで日陰の身に甘んじたのだった。

 今、Yさんがどうしているのか、生きているのか、死んでしまったのか、私は知らない。会ってみたいが連絡の方途もない。確か身寄りもなかったのではなかったか。

 ここにもアルコール依存に悩んだ1人の女性がいるのである。


 




 電子出版プラットフォーム「
パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。300円です。よかったら買って読んでね。


 
ブログランキングにも参加しています。よかったらポチっとお願いします。

関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

Yさんの立場から見るとそういうことになるのですね。
というか、男性から見るとかな・・・?
だから、私も愛人の立場からですが、ちょっと違います。

精神を病むほどの状態を選んだのはご本人です。
本妻からすれば、それは自業自得。
ナンバーワンのホステスなら、その美貌を活かして本妻さんからその人を払下げてもらうために慰謝料を必死で用意すればよかったのです。
それを身なりが崩れた言い訳にしないで欲しい。
何年かかっても、美しさを保ち、その人と居たらいいじゃないですか。それが愛人のプライドでしょう?

本妻はその間、必至でその人の子どもを産み、育て、守ってくれているんです。それこそ、命がけで・・・
本妻さんがいるから、その人は夫として父として成り立っているんです。
そこを考えずに愛人という特権だけを得ようとするから、我慢が出来なくなるんです。快楽だけを求め、本気で愛していない証拠です。

だから、葬儀に出れなくても同情なんて出来ない。
しかも、日陰の身に甘んじたのではなくて、故人の意志なんです。だって、離婚成立させなかったんですから。
社長さんは家族を捨てたくなかっただけ。
いずれ、帰る場所を確保していたのです。
愛人は愛人。
家族のふりをしていも、家族ではないのです。
故人はそう言っているんです。

それから、私が愛人の立場なら自殺未遂なんて絶対しない。
そんなことをしたら、愛する人が悩み苦しむことがわかっているから・・・
日陰の身とわかっているのなら、前に出ないように(絶対にバレないように)気を付けるのも愛人としての配慮。
それも出来ずに、調子にのって、中途半端に前に出ようという欲が出ただけのことです。
だから、本妻さんに知れることになる。
そうじゃなくて、前に出たいと思うならしっかり出ればいいだけのこと。その度胸がないなら、愛人なんてする資格なし!!

昔の愛人の立場の人はその辺をちゃんとわきまえていましたよ。だって、本気でその人を愛しているから・・・
人を愛することを真剣にできない人は愛人を名乗る資格はないのです。

長いコメントでごめんなさい。
そういう筋を通さない人、通せない人に拒否反応があって・・・
ホントに、個人的な意見です。

2012-12-17 18:57 from ぽんた

うーん、むずかしい

 ほんたさんの視点からのご指摘、重く受け止めます。
 私の場合は、X社長やYさんと親しくさせていただいていたので、
書き振りがYさんに同情的になってしまっていると感じます。
 確か、本妻さんには2人のお子さんがおられたはず。
 本妻さんにしてみれば自由奔放で手前勝手な旦那に振り回されながら、
2人の子どもを抱えて生きていかなければならなかったのですから、
その苦労は並大抵ではなかったろうと思います。
 私の文章にはそういう視点が完全に欠落していますね。
 読み返しながら、うんうん唸っています。
 Yさんの愛人としてのあり方については、正直、よくわかりません。
 ぽんたさんのいわれるように、愛人として生きようとするなら、
それなりの覚悟が必要で、YさんはX社長に甘えきっていて、
結果、本妻さんをも不幸に陥れてしまっているということかも知れません。
 きっと、それが正当な評価なのでしょう。
 Yさんの人となりを知る私としては、そのことを受け入れるのはやや辛い
ものを感じないではないですが。
 それはともかく、私の文章にこうして丁寧にコメントいただいたことに
深く感謝します。
 ありがとう。

2012-12-19 10:44 from 浪花太郎 | Edit

太郎さん、ごめんなさい。
私は愛人という立場の人を否定するつもりはありません。
愛人という立場を貫ける人の強さも知っております。

ただ、いくら優しくても、気立てが良くても
自殺未遂をした後に精神を病んだのではなくて
アルコールという薬物をあおっている間に精神に異常をきたしての自殺未遂ということだと私は思います。
アルコール依存症とはそういう病気です。
その人の性格や経歴は関係ありません。

女性は男性の約半分時間と量でアルコール依存症となります。
ホルモンの関係だと言われていますが・・・
水商売で元々アルコール好きとなればその量が到達しただけのことにすぎなかったのでしょう。
日本の自殺者の多くはアルコールと関連していますから・・・

アルコールという薬物を安易に使い、それが普通のこととされるこの日本は本当にしんどいですね。
私も紙一重のところで夫に気づかされたと思っています。
(かなりの量を飲んでますから・・・)
そのことに感謝し、夫の気づきになっていけたらと思っています。

なんだか、生意気でごめんなさい。

2012-12-19 15:49 from ぽんた

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。