ノンアルコールビール(爽生) - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

ノンアルコールビール(爽生)

■ ノンアルコールビール「爽生」

 昨日、飲んだノンアルコールはこれ。「爽生」。

250110爽生①

250110爽生②

 近くのスーパー「平和堂」で売っていた。1缶68円と安い。韓国からの輸入品である。
 味の方も68円に見合った味がする。旨くはない。

 
■ 成分はこうだ。

◇ 原材料
 
 麦芽、オリゴ糖、ホップ、酸味料、香料、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムカリウム)

◇ 成分(350ml当たり)
 
 アルコール分 0.00、エネルギー 63kcal、タンパク質3.5g、脂質 0g、糖質 15.8g、食物繊維 0g、ナトリウム 39mg 
 
 原材料で異なるのは、サッポロプレミアムアルコールフリー(→掲載ページ)は水あめで、爽生はオリゴ糖でできている点。
 
 成分では、サッポロプレミアムアルコールフリーが100ml当たりで、爽生は350ml当たりなので、3.5で割り戻してみると、ナトリウムを除けばほぼ似たような数字になる。
 
 水あめとオリゴ糖の違い、ナトリウムのあるなしの違いが値段や人体にどういう影響を及ぼすのかは、正直わからない。これから勉強します。


■ ノンアルコールの値段

 アルコール飲料の値段のかなりの部分は税金(酒税)である。ノンアルコールビールは炭酸飲料だから酒税はかからない。

 そのくせ、ノンアルコールビールの値段は普通のビールの値段とさして変わらない。したがって、ノンアルコールビールの製造コストが普通のビールのそれより高くつくことを考慮に入れても、メーカーにとってみれば、ノンアルコールビールが売れればウハウハなのである。

 韓国産のノンアルコールビールの価格が350ml1缶68円であることを考えると、国内産は少々高すぎるのではないか。

 といっても、他の清涼飲料水の値段も100円台であることを考えるとそうでもないか。よくわからない。この点についても勉強します。

 ここでは、「こうご期待」とだけ書いておく。







 電子出版プラットフォーム「
パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。300円です。よかったら買って読んでね。


 
ブログランキングにも参加しています。よかったらポチっとお願いします。

 
関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。