断酒70日目 アルコール依存は不治の病 - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

断酒70日目 アルコール依存は不治の病

■ 断酒70日目

 今日(1月15日(月))は断酒70日目。

 昨日、断酒69日達成。たかが69日、されど69日。1日断酒あるのみ。
 
■ 断酒日数を数えること

 私も自身の断酒日数をこうして数えることがあまり好きではない。何かガチガチに凝り固まっている感じ。両肩に力が入りすぎてる感じ。何か物欲しそうな感じ。
 もっとスマートにさらっとできないのかいといいたくなる。

 でも、今のところはこのスタイルを変えないでいようとも思う。100日まではこうして日数を指折り数え、その日数を断酒日記の冒頭に書き記しておこうと思う。

■ 断酒は不治の病い

  断酒は不治の病だといわれる。その意味するところを、私は次のように理解している。

 人は物事を脳の「海馬」に記憶するといわれる。海馬の記憶は時間の経過とともに薄れていき、やがては忘れ去られる。

 それは、人がいつまでも悲しみや苦しみを心の中にとどめ置かないようにするための作為で、まあ、いってみれば、ヒトの種の保存のためには欠かせない機能であるといえるかもしれない。

 アルコールや薬物依存によって得られた経験(記録)は、これとは異なる。

 アルコール依存症になると、エチルアルコールの道が脳内回路に刻印されて、何年経っても消えることがない。

 それは、いったん自転車を運転する技能を習得してしまえば、一生涯、自転車に乗り続けることができる(もちろん、肉体の老化に伴って乗れなくなることはあるだろうが)ことと似ている。

 だから、アルコール依存症者は、何年、何十年断酒を続けていても、いったん、何かの機会にアルコールを口にしてしまえば、元の状態にかえってしまうのである。

 このことは、医学的というより、過去、多くのアルコール依存者がたどった再飲酒の歴史が如実に証明していると思う。

 そして、現代の医学は、いったんアルコール依存に陥った患者を、元の適正飲酒者に戻す治療を発見できていない。

 これが、アルコール依存症が不治の病といわれるゆえんである。

 私は、上に書いたような理屈ばかりではなくて、もっと高度で専門的な理解の上に立ってのことだとは思うが、多くの専門家は、アルコール依存をして不治の病だと認識していると思っている。

■ ブログ「しゃなんのねんぶつおどり」の記事

 ところが、アルコール依存が、このように不治の病と呼ばれることについて、「何であんな噓八百を書いているのか」と憤っている人がいる。ブログ「しゃなんのねんぶつおどり」の「しゃなん」さんである(→掲載記事 )。

 そのいわんとされるところは、何度記事を読みなおしても、私にはよく理解できないのだが、どうやら、アルコール依存が不治の病だというとき、もし、アルコール依存症者が酒を飲んだらと仮定されるが、断酒者がアルコールを飲むわけがないのだから、その仮定自体がおかしいというところにあるようだ。

 アルコール依存が不治の病だということを、どのように捕らえるのか人それぞれなので、しゃなんさんが、自身のブログにどういう記事を書かれようと自由である。しゃなんさんの記事の内容を中傷するつもりは私にはない。

 しかし、しゃなんさんのあの記事を読んで、アルコール依存は不治の病なんかじゃないのだと考える人がいるとしたら、「ちょっと待って。多くの人はアルコール依存は不治の病だと考えているよ」といいたい。

 要は見方の相違なのではないか。アルコール依存症に陥ってしまえば、2度と適正飲酒者にかえることはできないという意味では、アルコール依存症は不治の病であるし、アルコール依存症者が、生涯、アルコールを口にしなければ、普通の生活を送ることができるという意味では、アルコール依存症も治癒するといえる。

 私は、冒頭に書いたような理由で、アルコール依存が不治の病だというのは、決して噓八百なんかじゃない、まさにその通りなのだと思っている。だから一生涯アルコールは口にしてはいけないし、口にしないようにしなければいけないと考えているのである。

 そのことをはっきり書いておきたいと思い、やや躊躇の末、この記事をブログに掲載することにした。


■ 今日の弁当
 
 今日は子らはパン飯。私もパンとカップヌードル。掲載するほどのこともないけどね。パンは家の近くのパン屋さんの手製パン。チーズパンとレーズンパンなり。

250115弁当② 






 電子出版プラットフォーム「
パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。300円です。よかったら買って読んでね。


 
ブログランキングにも参加しています。よかったらポチっとお願いします。

 

関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

太郎さんの禁酒記録、毎度拝見させていただいております^^
書き込みは久しぶりです。

依存症じゃなくても!主観の問題という背景は常にあります。
誰が正しい訳ではなく、御本人がやる(やりたい)方向がダタシイ で宜しいんじゃないでしょうか?
と毎度思うのです。


太郎さんは太郎さんの道で!引き続きどうぞ^^
禁酒とお決めになった事、応援してますよ^^

2013-01-16 16:52 from piazzolla@ | Edit

お久しぶりです

piazzolla@さん、おひさです。
生きてましたか?
ご指摘、身にしみます。肝に銘じておきましょう。
そんなに戦闘的な人間ではないと思っているんですがね。
ついつい…。

2013-01-18 10:26 from 浪花太郎

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。