中島歩ー宮本龍一役ー - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

中島歩ー宮本龍一役ー

■ 宮本龍一役ー中島歩ー

 蓮子と禁断の恋に落ちるのは、社会主義運動に関わりをもつ帝大生、宮本龍一。

 当初は華族出身の蓮子のことを憎む龍一ですが、蓮子の歌集を読んでその一途な思い、生き方に共感を覚えます。

 また、蓮子も福岡の石炭王、嘉納伝助との窮屈で退屈な生活の中で、純粋に蓮子を慕う龍一への思慕を募らせるようになり、遂にはすべてをなげうって、2人して駆け落ちするのでした。

 その宮本龍一役を演じるのは中島歩さん。新人俳優だそうです。

中島歩

 中島さんは1988年10月生まれの25歳。花とアンでナレーションを担当している美輪明宏さんが主演・演出を務める舞台「黒蜥蜴(とかげ)」で、約200人の中からオーディションで選ばれ、俳優デビューを飾ったんだってさ。

 今回の「花子とアン」が連続ドラマ初出演になります。

 社会運動に挺身する帝大生といえば、いかにも線が細く、インテリっぽい感じ。この世の中を斜めから見ていて、意思が強そうに見えて、どこか軟弱。1番最初にひよるくせに、そのことをいつまでもうじうじ悩んでいる。そんな印象がありますね。

 で、中島歩さん演じる宮本龍一はどうでしょう。予想をたがえず、龍一との禁断の愛に疲れ果てて、最後には蓮子を見捨てるのか、それとも一生涯、一途に蓮子を愛し通すのか。

 非難を覚悟で書くならば、私は、きっと龍一は前者の人生をこれから歩んでいくのではないかと思いますね。役者としての中島歩さんには、そんな不幸が寄り添う役柄がいかにも似合いそうです。どうにも幸せな結末は想像できません。

 そういう意味では、中島歩さんの宮本龍一役は、ぴったりはまった役柄だといっていいかも。これは私の勝手な感想ですけどね。

 まあ、これからの物語の展開の中で、龍一がどんな行動をとっていくのか楽しみにしておきましょう。
 
 中島さんは「(駆け落ちのシーンは)互いの思いが臨界点に達した状態の2人が駆け出す。思いがあふれているところを見てほしい。

 映像も演出も気合が入っている。画面から2人の思いがあふれればいいなと思う」と仕上がりに自信を見せているようです。

 吉田鋼太郎さん演じる伝助との対決シーンについても「吉田さんが豪速球を投げてくるので、バットが折れちゃっているかもしれないけれど、頑張って振り抜いた。

 お互いの気持ちがぶつかり合って見応えのあるシーンになっていると思います」と力を込めているとか。

 さてさて、どんな場面になるのやら。

 それは、今日(7月23日)の楽しみ。では、ごきげんよう、さようなら。


蓮子①
                      (蓮子ー中間由紀恵)
蓮子②
                  (蓮子のモデルとなった歌人、柳原白蓮)







関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。