私たちはその名を覚えて彼の名を賛美しよう - 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

私たちはその名を覚えて彼の名を賛美しよう

■ 王子と乞食の完成

 私たちはその名を覚えて彼の名を賛美しよう。 「王子と乞食」の最後の言葉です。

 「王子と乞食」の翻訳がついに完成しました。4年越しのことです。

 出版社の社長の梶原、社員たち、花子、かよ、英治、英治の弟の郁弥、英治の父親、醍醐亜矢子たちが集まって、出版社でささやかなお祝いです。

 おめでとう、花ちゃん。

■ 醍醐の退職と村岡印刷社長の交代

 このお祝いの場で、亜矢子の出版社からの退職も公表されました。

 「私にはどうしても、今、挑戦したいことがあるんです。蓮子さんの波乱に飛んだ一生を書いてみたいんです。そのあとのことはわからないけど、今はこの私のパルピテーションを大切にしたい

 村岡社長からも報告がありました。

 「私は社長を引退します。代わりに、長男の英治が社長を、郁弥が専務を務めます。」

 英治と郁弥のあいさつ。「私たちはじゃくしゃい、いや、じゃくしゃい、いや、若輩者ではありますが、よりよい本を出版するために頑張ってまいりますので、いままでどおり、どうぞよろしくお願いいたします」

 郁弥も、こっそり父と花子に打ち明けます。

 「明日は、かよさんの誕生日でしょう。明日、かよさんに結婚を申し込もうとおもっているんです。お父さんも反対しないでくださいよ」

 郁弥は、ひと目みたときから、かよをこそ我が妻にと心に決めていたのでした。

 「かよさんはいい。働き者だし、料理もうまい。ただ、郁弥、いっておくが、結婚式は東京でしろよ。山梨で挙げるなんていったら反対するぞ」と郁弥の父。

 「王様と乞食」の単行本を出版することを郁弥が提案し、みんなの賛成を得ます。頬をつねって、それが本当のことだと確認し、喜ぶ花子。

 本当に喜ばしいことのオンパレードです。

■ 母の形見、カメオのブローチ

 その夜、歩を寝かしつけてから、英治が花子に話しかけます。

 「これは、かすみが母からもらったカメオなんだ。かすみから郁弥が譲り受けていたんだけど、郁弥からこれを花子さんにってあずかったんだよ。受け取ってくれるかい
 
 自分の妻ながら、英治は花子のことを「花子さん」と呼んでいるんでした。

 花子にとっても嬉しい贈り物となりました。

■ かよへの求婚

 翌日、郁弥はかよに求婚するため、かよの勤めるカフェにやってきます。

 郁弥は数人の楽団員もこっそりつれていました。かよのサプライズバースデイをしようというのです。

 並み居るお客さんを前に、郁弥は楽団員を店の中に呼び込み、演奏を開始して、そして大きな声でこういいました。

 「あなたは私の女神です。かよさん、結婚してください

 驚いたお客たちから拍手が沸き起こります。

 今にも泣き出しそうなかよ。

 こんなこと、人前でいってほしくはなかったのですね。

 「郁弥さんのばかっちょ!」かよはそう泣き叫んで店を飛び出したのでした。

 あ~あ、郁弥さん、やってしまいましたね。ではごきげんよう。さようなら。



 アンのゆりかごー村岡花子の生涯ー(花子とアンの原作本)をアマゾンで買おう。

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
村岡 恵理

新潮社 2011-08-28
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
関連記事

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

☆ 楽天市場のカードを手にいれたら、5000円分のポイントゲット! 濡れ手に泡とはまさにこのことだね。
     ↓  ↓  ↓  ↓  
 

☆ ネットショッピングならやっぱり楽天市場だね。品数が、価格が違います。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


コメント
非公開コメント

いい記事だなって思ったらポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村

ランチブログ ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 最近のトピックスや弁当作り・断酒生活そのほかもろもろ日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。